3パットを減らすために、技術同様に必要なもの


HDCP別の3パットの確率を調べてみました

どうもこんにちは、室屋修一です。

プレー中にGPSのナビゲーションみたいなもの、使ってますか?

ここからバンカーまで何ヤード、とか、グリーンのセンターまで何ヤード、とかがわかる機器です。

僕はもっぱら手で持って計測器を覗いて測る人なのですが、今は腕時計になっているタイプなど色々とありますよね。

その中でも、良いなーとずっと思っていた『Arccos GOLF』というメーカー。PGA TOURの計測のオフィシャルメーカーになったとか。

コマのような形の計測器を各番手のグリップエンドに差し込んで使うタイプの計測器です。ご存知の方も多いかと思います。

これで世界中のゴルファーのプレーをトラッキングしてるわけですね。すごいデータ量になります。

そのArccos GOLFのデータベースで、面白いものを発見したのでシェアします。

HDCPとファーストパットの距離別の、3パットの確率です。嫌なデータですよねw

HDCP0の10.5m-12mでの確率とHDCP20での半分の距離の3パットの確率が近い、など、いろいろな比較ができてとても参考になります。

上手なプレーヤーでも、長いと3パットは結構する

短いパットの技術が上がれば3パットは減らせる。そう思って、自宅の2メートルのマットで練習もしてたりしますよね。

もちろん、上手なプレーヤーほど短いパットの技術は高いでしょうし、技術が上がれば3パットの確率も減ると思います。

ただ、同じ3メートルでも、90切り前後の時期だと、技術以前にビビってうまく打てなかったりすることもありませんか?

技術以外に緊張の度合いなどの要素が入ってくるのも事実です。

だって、90切りを狙うくらいの時期だと、アプローチは寄せるというより、『まずは乗せる』ことの方が優先順位が高いですから、

たまに急に近くに寄っちゃったりすると、緊張が増してうまく集中できずに3パット。ということもあると思うんですよね。

アプローチも、95から90くらいのレベルで『乗せる』感じがわかってきたら、次は安定した90切りを目指せるような『寄せる』感じを掴めるような技術が必要になってくるということですね。

アプローチにもステップがある

そう。

アプローチにもステップがあります。

大まかには3つ。

『きちっと打てる』

『グリーンに乗る回数が増えてくる』

『狙った距離に寄せられる回数が増えてくる』

です。

『打てる』ようになるステップ

『打てる』から『乗せる』のステップ

『乗せる』から『寄せる』のステップ

の各ステップをクリアするには、ただ経験を増やすだけでは簡単にはクリアできない、それまでとは違う技術や考え方があります。

ただいつもと同じ練習を繰り返すだけでは、ステップはクリアできません。

悔しい3パットを、アプローチのステップを上げることでも、減らしていきましょう。

あなたは今、どのステップを越えようと練習をしているところですか?

ぜひ確認してみてください。


どのステップのクリアも、様々な切り口でサポートします。

アプローチのレッスンの日程を更新しています。

アプローチのレッスンは、他のタイプのアウトドアのレッスンよりも回数が多いので、見やすく表示できるようにカレンダーを採用しました。

お申し込みとお支払いもそのままできるので、ぜひご活用ください。

詳細の確認やお申し込みはこちらのページからお願い致します。


回数券やデポジットもぜひご利用ください

マンツーマンレッスンで使える回数券、全てのレッスンで使えるデポジット。練習やレッスンのプランに合わせて選択して、おトクに受講してください。

回数券やデポジットの案内ページはこちら


■コースレッスンやインドアorアウトドアでのレッスンイベントなどは、こちらの案内ページでご確認ください。

■「今どんな練習が最適なのか?」「どんなレッスンをどんな順番で受ければ良いか?」50分の初回無料Zoomセッションで、練習の仕方も含めた上達のプランを作りましょう。

■マンツーマンレッスンのお問い合わせやお申し込みは、このメールに返信いただくか、こちらのフォームからお願いします。

ゴルフコーチ 室屋修一 メールマガジン

250名近くの熱心なゴルファーの方に最新のコンテンツやレッスンの関連情報などを定期的に配信しているメールマガジンから、バックナンバーをランダムに紹介しています。フォームにメールアドレスを入れて【登録する】ボタンを押していただけると、最新コンテンツがメールで届きます。ぜひ下のフォームから登録してください。

Read more from ゴルフコーチ 室屋修一 メールマガジン

ギックリ腰?の期間に始めた(再開した)習慣 | Locker Room - 20240703 こんにちは、室屋修一です。 ギックリ腰、なったことありますか? 5月16日の朝。 いつも通りベッドから起きようと思ったら、腰の辺りから『ペチッ』と音が。 やっちゃったかなと思ったら案の定そのまま起き上がれず。。。 普段なら数秒で着く洗面所も、こんなに家広かったっけな?と思うほど辿り着くまでに時間がかかる。。。こんな不便な生活が結局1ヶ月ほど続き、、、やっとボールを軽く打てるくらいには回復してきました。 デスクに座っても30分と座ってられず、ちょっと仕事してまた横になる。そんなことしてると、夜になると昼寝のし過ぎと痛みでまた眠れない、こんな生活ですっかり昼夜が逆転どころかバラバラに笑。 じっくりと生活パターンを見直すタイミングなんだなと素直に受け入れ、始めてみようと思っててやってなかったことや疎かになってしまっていたことをまた再スタートしてみようかと。 皆さんも腰痛には気をつけてください。。 ヨガ、ピラティス(やっと違いがわかった)...

こんにちは、室屋修一です。 砂に線を引いてその線を消しながら、バンカーでのクラブの入れ方などを練習したことありますか? なかなかバンカーの練習は環境が無いので、できる時はぜひやってもらいたい練習のひとつです。 全米OP、興奮しましたね! ほっといたら閉じてしまいそうな眠い目をこすりながらご覧になっていましたか?僕もそうでした笑。 マキロイのパットとデシャンボーの最後のバンカーからのアップ&ダウンは、忘れられない名場面になりましたね。 『Mad Scientist(狂った科学者)』デシャンボーが子供の頃にやった練習 ゴルフジャーナリストLuke Kerr-Dineen氏のInstagramで興味深いポストを発見しました。 スクリーンショットや埋め込みは著作権の違反になりそうなので、リンクだけおいておきます。 B.デシャンボーの練習動画 9番アイアンで打っている後方からの動画なのですが、 まず注目はヘッドのトウ側ヒール側にちょうどヘッドの幅くらいにティを刺して当たらないように打っていること。 そしてもうひとつ、 デシャンボー本人のコメントです。 ざっくり訳すと、...

こんにちは、室屋修一です。 ここ3週間ほど、チップゴルフさんのメンバーシップ動画に顔を出しています。 レベルを問わずボギーオン中心で考える大切さ! シングルハンデを目指す人へ!室屋コーチからピンポイントアドバイス! 芯で当てようと思うところから始める! この3本の動画で、100切りを狙うレベルからシングル入りするまでの、『ボギーオンを狙う』ゲームプランや、『アプローチの上達の順番』のようなお話をしてきました。 まっすぐ飛んでるショットが良いショット、ではない 日本中のゴルフコーチの中で、でここ数年でいちばん購入数が多い自信があるものがあります。そう。ショットマーカー。オリジナルのショットマーカーをメーカーさんに打診したいくらい、いろんな種類のものを買って試してきました。 自分でも試してみたり、レッスンなどでもショットの確認に試してもらったりしながら、まっすぐ飛んでるショットが必ずしも良いショットではないということに改めて気がついてもらえたりします。 ちょっとトウ側やヒール側で当たってもまっすぐ飛ぶこともありますから、意外と気が付きにくいんですね。。...